【今日から使える】iPhoneの電卓で 使える裏技機能3選【便利】

iPhoneの電卓便利ワザ

この記事ではiPhoneの電卓で使える小ネタについて紹介します。

計算したい時にいつも手元にあるiPhoneの電卓を使ってるんですが、途中まで足したり掛けたりして、最後の入力で打ち間違えして全部消す、とかイライラした経験ありませんか?

そんなiPhoneの電卓の打ち間違いをスッキリと解決する方法と、その他小ネタをサクッとご説明します。明日の居酒屋トークにでも使ってくださいね

打ち間違えはフリックで削除しよう

 

めちゃめちゃ簡単ですね。打ち間違えた数字の上でフリック動作をすると、1フリックごとに数字を1つずつ消すことができます!

表示されてる数字はコピーできる

表示されている計算結果の数字の上で長押ししてみよう。長い数字を覚えて転記する作業はこれでおさらば。

iPhoneを横向きにすると関数電卓になる

iPhoneを横向きにするだけで、ルート計算やサイン、コサインの計算までできるようになります。さらに、数字の桁幅も広くなるので大きい数字の計算がしやすくなりますね!

大学時代の専攻が工学部出身であれば馴染みがありますが、そうでない方はあんまり使わないですよね。でも、使えると意外に便利です。

大人になったら仕事を始めて、投資とかにも興味持ったりしますよね。基本的に投資って「複利」で計算することが多いんですが、同じ数字を何回もかけたりするんですよね。

そんな時に「xのy乗(xの右肩にyが乗ってるやつ)」を使うと、一発で計算できちゃいます。

この記事のまとめ
  • フリックで1文字ずつ削除
  • 長押しでコピーできる
  • 横向きで関数電卓になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です