昨年比約4.4倍の花粉飛散量だけど最強の花粉症薬で今年は問題なし!

kafun2017

3月も半ばにさしかかり、目と鼻が悲鳴を上げている、管理人です。

私は病院で診察を受けたことがないので花粉症という病名はもらってないのですが、花粉飛散予報で「少し多め」と報じられた辺りから鼻声になりドライアイのひどいような感覚になりますので、診察を受けなくても身体は正直。十中八九、花粉症でしょう

花粉症がひどい方は、春夏秋冬で一番過ごしやすそうな春に苦行を強いられることだと思います。用意周到な方は前年の秋ぐらいから薬で予防したりするらしいですね。

個人的にはまだ花粉症に対して考えが甘いのか、本当にひどい症状が出始めたときからマスクをしたり、薬を飲んでみたりと行き当たりばったりで対応しています

「今年は意外と治ってたりして」なんてやっぱりなかった。むしろ今年は昨年の4.4倍の花粉飛散量らしいから(T_T 病気なのか何なのかよくわからないのが花粉症ですが、花粉症について日頃から素朴な疑問を持っていたので、ついでなので色々と調べてみました。

花粉症とは?

花粉症(かふんしょう、英: hay fever、pollen allergy、pollen disease、医: pollinosis または pollenosis)とはI型アレルギー(いちがたアレルギー)に分類される疾患の一つ。植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことである。枯草熱(こそうねつ)とも言われる[1]。日本においては北海道の大半と沖縄を除いてスギ花粉が抗原となる場合が多い

参考:花粉症 – Wikipedia

つまり、植物の花粉が目や鼻を通して体内に入った時に、抗体によって体に害が在るものとして認識され、体の外に出そうとする「防衛反応」です。インフルエンザウイルスとかノロウイルスとか完全に体に悪さするものに対して身を守るだけではないんだなぁと、人間の体の神秘を肌で感じますね。

・昔は花粉症ってあったの?

あったみたいです。1963年にはスギ花粉による花粉症が発見されたということで、今年で54年目ですね。54年も経っているのに特効薬がないことから、アレルギー症状を根治するのって現代の医学をもってしても難しいんですね・・・。

ただ、今に比べると昔は花粉症患者の数は圧倒的に少なかったです。現在ではスギの花粉症だけで1500万人以上(5人に1人!)も日本にいます。

約50年前にスギやヒノキの木を戦後復興のために大量に植林したことが現代の花粉症増加の要因となっています。

  • 成長が早い
  • 育てやすい
  • 材木として扱いやすい

上記3つの理由からスギの木がたくさん植えられ、スギの木を減らすことが出来ない要因となっています。花粉症の原因=スギ花粉と認知されているにも関わらず、現代でも毎年1600万本以上スギの木が植えられているというので、驚きです。

・犬や猫のペットも花粉症になる?

あるようです。ただ人間のようにクシャミや目のかゆみという症状は少なく、大体が皮膚に症状がでるようです。

足の付け根や耳などでカユみを感じて体をかきむしって皮膚を傷つけるような行動をします。特に犬は人間より嗅覚が鋭いといいますが、違う見方をすればとても敏感だということです。犬にも花粉症があるとわかると、ちょっと可愛そうだなって思います。人間が勝手にスギを大量に植林したことで花粉症になってしまった上に、マスクとか薬とか自分で出来ないし。さらに、ペットの花粉症に気づいている飼い主は44%ぐらいと、半分以上の人が気づきにくい病気なので、普段からよく観察してあげる必要がありますね。

少しでも犬の花粉症予防をするためには、散歩する時間を工夫しましょう。特に、

  • お昼12時頃
  • 夕方6時頃

上記時間帯は花粉がより飛散する時間帯ですので、散歩する時間を上記時間以外にすることで、少しでも症状が緩和するかもしれませんね。

・春以外で花粉症になる原因となる花粉は?

私は今のところ春しか花粉症の症状がでないので、花粉症=季節は春と先入観がありますが、周りの同僚に話を聞くと「秋が一番ひどいんだよね~」という意見もあったりして、年中花粉症に苦しまされている人がいることを知りました。

花粉症の年間スケジュール

年間花粉症スケジュール

参考:花粉カレンダー|花粉症ナビ

スギ・ヒノキが圧倒的に「飛散量」は多いですが、イネ科の花粉はオールシーズン。イネ科の花粉症の人は地獄ですね、これ。国外退避必須。年中対策を考えないといけないとなると生きているのが辛くなりますね・・。

・海外でも花粉症ってあるの?

花粉症は日本人の国民病のように思われがちですが、国によって育っている植物は違うわけで、その国で多く自生している植物で花粉症になることは多いです。いくら文明が発展したとはいえ、むしろ文明が発展したからこそ植物と共生していない国はないので、花粉症は海外でも割とよく見かけます。

・花粉症って治るの?

残念ながら特効薬は無いです。根治療法を薬に求めるてはいけないかもしれません。普段の食生活を見直し、免疫療法などを日常に取り入れて春を迎えることが最善の方法ですね。ズボラな私にはなかなか難しいです汗

・花粉症で死ぬことってあるの?

ありえるようです。人生で蜂に2回目刺されると死ぬリスクが高いといわれてる「アナフィラキシーショック」が花粉でも起きうるんだそうです。蜂の毒に対して防衛反応が働くように、花粉に対する免疫反応で死に至るケースもあるようです。さらに不幸なことに減感療法といって少しずつ体に花粉エキスを取り入れて花粉に体を慣れさせる治療でも死ぬことがあるらしい。。

・花粉症薬の進化にビビった!アレジオン20最強説

ついに就寝前に鼻づまりで寝苦しく、日中は目が重く、喉の奥がかゆいという3重苦が発生したため、今年もこれにお世話になりました。

  1. 寝る前に飲む
  2. 24時間症状なし!!

今までは点鼻薬を鼻にスプレーし、鼻づまりが解消されると同時に鼻水だらだら垂らしながら眠りについていましたが、小さい錠剤をたった1錠飲むだけで24時間もつ。心配された薬特有の眠くなる症状もほとんど見られず日本でまだ住めそうだなと自信が持てた薬です。


数年前の私は、

名前
花粉症じゃないし、薬飲んだ時点で負け

なんて寝ぼけたこと言ってました。アレジオン20に絶対服従を誓って今日も安らかな眠りにつくことにします。

おしまいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です